エンゲージリングとは?

エンゲージリングとは婚約指輪の事で、婚約するときに男性から女性に送る指輪のことです。男性が女性に永久の愛を誓うという意味を込めて贈ります。女性にとって、男性から婚約指輪をもらうということは生涯忘れられない特別な瞬間ですよね。 その指輪の起源は古く、古代ローマ時代にまで遡ります。もともとは、約束事の履行を誓うしるしとしてつけられた鉄の輪がエンゲージリングの起源と言われていますが、ではなぜこれが左手の薬指にはめるようになったのかをご存知でしょうか。左手の薬指にはめるのは、「左手の薬指と心臓は一本の血管でつながれていて、そこから愛の血が心臓に流れ込む」という言い伝えが始まりと言われています。日本では、1960年ころからエンゲージリングの普及が始まりました。 その頃に販促キャッチフレーズとして用いられ、浸透したフレーズが「お給料の3か月分」とう言葉です。単純に計算して、平均的に考えてみると約100万円の指輪を用意するということになりますよね。果たしてそれは本当なのでしょうか?その答えは、必ずしもそうという決まりがあるわけではありません。そもそも、このキャッチフレーズが用いられた1960年頃の日本は高度成長期。いわゆる、バブル時代です。その時代に企業が打ったキャッチコピーだと考えれば「給料の3か月分」という表現にも納得がいきます。ですから、これから新たな生活を始めようと考えている二人にとって、「給料3か月分の指輪」という言葉はなかなかのプレッシャーに感じられることかもしれませんが、そんなことを不安に思う必要は決してないのです。二人にとってできる範囲で気持ちを込めて選ぶことが大切です。

エンゲージリングの選び方

日本においてエンゲージリング、すなわち婚約指輪を贈る習慣は1960年頃と言われています。この頃は誕生石を結納品の一つとして贈っていましたが、今日のイメージが定着したのは1970年代の某有名指輪会社のCMの影響が大きいとされています。このCMのキャッチコピーによってダイヤモンドを贈る、価格は給料の3か月分が「常識」となっていきました。 しかし、実際はダイヤモンドが中心ではありますが、価格は全国平均で約30万円とのことです。給料の1か月から1.5月といったところでしょうか。やはり現実を見据えると一生ものとはいえ、婚約指輪だけに高額な費用をかけるわけにはいきません。一方、あまり安っぽいものだと夢を壊すことにもなってしまいますが、30万円台でオーダーメイドができたり、そこそこ粒の大きなものが手に入るなどでこのあたりが現実ラインになっているのでしょう。 ダイヤモンドの品質をどう評価するかは結構難しい問題です。要は当人が気に入るかどうかですが、鑑定書があれば一応安心することができます。鑑定書には重さ(カラット)やカット、透明度(クラリティ)、色(カラー)のいわゆる4Cの他、寸法や蛍光性などが記載されています。AGTジェムラボラトリー、中央宝石研究所、米国宝石学会発行の物であれば権威があり、品質が証明がされた、とされています。 とはいえ、今日エンゲージリングを購入しないというカップルが約3割もあるという統計もあります。高額なためや着けにくいという難点があります。代わって婚約の証としてネックレスや時計、新生活を考慮して家具という選択も出てきています。ここにも価値観の多様化が表れています。

管理人愛用サイト

エンゲージリングは一生で一度の贈り物ですので、こだわりを持って選びましょう。ダイヤモンドの4Cのうち何を重視するかが選び方のポイントです。